夏の美容 脱毛と日焼け止め 汗対策

ウォータープルーフは脱毛マシンと相性が良くない

脱毛を受ける際に注意をしたいのが、ウォータープルーフの日焼け止めであり、マシンとの相性は良くないタイプです。水分と油分に強いタイプなので、専用のクレンジング剤や、リムーバーを使用しないと落ちないタイプでもあります。施術をする前にはふき取りようの消毒などがあっても、それでは落としきれないので、施術当日には避ける必要があります。

お手入れの日には、水で落とすことができるUVカットクリームを利用することです。外に出れば紫外線が心配ですし、肌は焼かないようにする必要があります。UV対策を全くしないままであれば、外に出てそのまま日焼けをしますので、UV対策はする必要があります。

脱毛の予約を入れた日には、サロンやクリニックへ行くだけですので、高いSPF値のUVコスメである必要はなく、水や油にも強い種類である必要はないです。ウォータープルーフではない、水で簡単に落ちるような日焼け止めクリームで、脱毛当日はケアをします。

日焼け止めの種類に注意